トップイメージ

システム

データを効率的に、安全に管理するためのシステム「お薬タイム」のご紹介をいたします。
本システムは、セキュリティ、操作性、バックアップ体制の強化等に優れたシステムです。

お薬タイムロゴ

基本システム

基本システム

セキュリティ

セキュリティ

【システムの特徴】

外部ネットワークからの要求を一元的に管理し、同等の機能を持つ複数のサーバに要求を転送する装置。なるべく多くのサーバに要求を分散して送信し、各サーバが快適な応答速度を保つことを目的としている。

事務局、医療機関向けに被験者の情報と治験進捗管理等を行う画面を提供。ログイン機能では、厳密なパスワード管理により、セキュリティの強化を図っている。(パスワードロック機能、定期パスワード変更機能など)

同じ構成のシステムを2系機用意しておき、片方(主系・本番系)を動作させ、もう片方(待機系・予備系)は動作させずに待機状態にしておく。主系に障害が発生すると待機系が立ち上がり、処理が切り替わる。

万が一データファイルやバックアップメディアが盗まれた場合でも、格納データ(個人情報)が暗号して保存しているので、情報漏えいの可能性はきわめて低い。

データベースに保存されたデータは、定期的に別の記録媒体に保存することにより、データ・機器の破損などの事態に備えている。

らいふ薬局 人材教育事業 携帯コンテンツ事業 病院・薬局専門IT支援



サガン鳥栖のサイトへ